スイーツ

ホーム > スイーツ > 田町梅月

田町梅月

スイーツ

昭和7年より受け継がれる美意識と職人精神

“遠州咏菓”(えんしゅうえいか)梅月銘菓の総称として菓子を通じて遠州を咏いあげるという意味である。この言葉から「田町梅月」の美意識の高さが伺えます。そのルーツは昭和7年に遡り初代店主、富田忠七は美術品や工芸品に強い関心を持ち、食全般に関する興味も旺盛でお菓子を創り出す糧にしていたといいます。昭和32年、昭和天皇の行幸の折には、ご宿泊ホテルからの依頼により献上するお菓子を創作。それが現在でも販売されている「布橋の雪」です!昭和天皇は、とてもお気に入りになり、帰京の途中沼津でも「布橋の雪」をご所望になられ、店主自らお届けに参上したというから驚きです。お菓子づくりへの探求・技術の研鑽に勤めた店主の努力が実った逸話ではないでしょうか。その美意識と卓越した技術は現代の職人たちにも受け継がれ、数々の和菓子やお茶菓子、日本古来の文化・習慣や四季に即した生菓子を生みだしています。近年では現代の感覚を取り入れた革新的な和洋折衷のお菓子も開発。浜松の老舗銘店は、常に伝統と革新を両立し進化を遂げることで多くのお客様に愛されているのです。

 

 

確かな技術とアイデアで地域に愛されるお菓子づくり

歴史あるお店の象徴ともいえる「布橋の雪」、贈り物、おもてなしのお茶菓子として長年支持されている伝統のお菓子です。「田町梅月」の根底には地域の風景や文化・生活をお菓子づくりに活かす手法が受け継がれてることを感じさせます。出世の街として知られる浜松、徳川家康公をモデルに静岡県産小麦粉を使用した「黒びすけ 出世街道」は、黒糖蜜ときな粉の相性抜群の一品。和菓子の一つひとつを歌にたとえ遠州で催される歌会を連想させる詰め合わせ「うたあわせ」。楽器の街・音楽の街としても知られる浜松をピアノブラックをモチーフにした洋菓子の詰め合わせ「おとあわせ」。お菓子それぞれに物語とコンセプトがあり、いつどこで食べても遠州浜松の香りが感じられます。あなたの心の中にある浜松の情景を思い浮かべながら「田町梅月」のお菓子をお楽しみください。

遠州の恵みと全国各地のこだわり素材の融合

静岡県西部の遠州地方は、気候に恵まれ肥沃な土地としても知られています。静岡県産のお茶・小麦粉や三ケ日みかん、古来より伝わる伝統食品“浜納豆”などの地元食材を取り入れたお菓子は、まさに浜松ブランドといえる商品です。さらに、低農薬有機栽培された北海道十勝産の小豆、豊川の支流域にて天然飼料で育った純国産鶏種が生んだ卵と産地と品質にこだわり材料を取り寄せています。

Photo

お問い合わせ

名称 田町梅月
住所 静岡県浜松市西区坪井町4095-1
TEL 053-447-0181
URL https://www.tamachi-baigetsu.co.jp

お電話・FAXからのお問い合わせは

053-447-0181