水産品

ホーム > 水産品 > 浜名湖養魚漁業協同組合

浜名湖養魚漁業協同組合

水産品
静岡県浜松市西区

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA100年以上受け継がれる発祥の地

浜名湖と言えば、やっぱりうなぎ!

その歴史は優に100年以上を数え「うなぎ養殖発祥の地」というプライドと「日本のうなぎの本場」というブランド力とともに、今なお全国のファンを魅了し続けています。

そんな伝統と実績を継承しているのが、今回ご紹介する「浜名湖養魚漁業協同組合」。

浜名湖地域における養殖漁業の振興・発展を目的に、昭和24年に設立された歴史ある組合です。モットーは、安心・安全・誠実。養殖から加工まで、組合員である“うなぎのプロ”が丹精に育てた「浜名湖うなぎ」を中心に、すっぽん、鮎、鯛、ヒラメなどの養殖漁業支援も行っています。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

浜松=うなぎ。その発展の歴史を紐解く

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

ここでうなぎ養殖の歴史を紐解いていきましょう。

浜名湖地域でうなぎ養殖がはじまったのは明治25~30年頃だと言われています。

原田仙右衛門、服部倉治郎、那須田又七といった先駆者たちの功績によって、人工池による養鰻技術の基礎が築かれたのです。また、うなぎにとってこの上なく過ごしやすい環境が浜名湖地域に備わっていたことも、うなぎ養殖発展の大きな理由と言えます。温暖な気候をはじめ、ミネラルを豊富に含む水源(地下水)、浜名湖や天竜川河口でシラスウナギが多く採れたこと、さらに、当時は紡績業が盛んだったため、うなぎのエサとなる蚕を大量に入手できたという背景もあったそうです。

浜名湖の自然の恵みを受けスクスクと成長したうなぎは、エメラルドに似た輝く肌と、太く身入りのよい体型、そして凝縮された旨みと脂乗りの良さが評価され、瞬く間に「浜松=うなぎ」の図式が知れ渡るようになったのです。

 

 

*浜名湖養魚漁業協同組合 静岡県浜松市西区

 

浜名湖うなぎこそ「産地そのまま、本場の味」

しっかりと身が締まっていながら、噛むとふっくら柔らかく、その直後、絶妙な旨みと脂乗りが突き抜けてくる。

浜名湖うなぎのおいしさは、こんなストーリーで展開していきます。秘伝のタレで香ばしく焼き上げた長蒲焼、ちょっと焦げ目を付けていただく長白焼、ギフトに喜ばれる串蒲焼など、「浜名湖養魚漁業協同組合」の浜名湖うなぎはどんなスタイルで食しても、「産地そのまま、本場の味」が広がっていきます。

また、出荷前の検査をはじめ、製品ひとつひとつにロット番号を刻印し「誰が、いつ、どのように育て、どのように加工製造されたか」の追跡が可能となるトレーサビリティの確立にも力を注いでいます。

 

※しずおか農水産物認証制度/水産物第一号認証

Photo

お問い合わせ

名称 浜名湖養魚漁業協同組合
住所 静岡県浜松市西区馬郡町2465
TEL 0120-398-075
URL http://www.maruhama.or.jp/

お電話・FAXからのお問い合わせは

0120-398-075